食べることが大好き。タイが大好き。
そこで行き着いたのはタイ料理&お野菜料理。
でも食べるなら身体によくって、やさしくなきゃ。
簡単に、でも身体に優しいタイ料理&お野菜料理、
一緒に楽しく作りませんか?

本場バンコクのタイ料理教室予約お手伝いします☆

☆。・nokfaaとしてフラワーアクセサリー
&雑貨製作もしています。・。☆


タイ料理の勉強へ その3 【 Baipai Thai Cooking School 】

★ お知らせ ★ (お知らせの後に記事が続きます)

タイ料理教室 

日程以外でもお2人以上お集まりいただければ
プライベートレッスンや3名様以上(ご夫婦などご相談に応じます・・)
お集まりいただければ出張レッスンも承りますので
お気軽にご連絡くださいませ。

☆ レッスンについて → 

または「タイノオダイドコロ」をご覧ください


............................................................................................

次はBaipai Thai Cooking School

こちらは宿泊先まで送迎付き☆

前日までに電話で確認とお迎え時間についての連絡をします。

送迎付きって、これはとっても楽ちん

車に乗って、近所のホテルによって
同じレッスンを受ける方々を乗せて、
1時間ほど走り、大きい通りから
細い住宅街の道をどんどん進み、
やっと到着!


iPhoneImage.png


門の奥にはタイの伝統建築様式で
建てられた素敵な建物が・・


やっぱりWebサイトやTrip Advisorで
見るのと行ってからは
ちょっと感じが違います

思っていた以上にステキでした

・・・

冷たいおしぼりとお茶で
迎えてくださって
簡単なアンケートに記入
アレルギーの有無等も
聞いてくれます。

iPhoneImage.png


今回ご一緒したのは、
韓国からの姉妹さん、
アメリカからのご婦人お1人、
ニュージーランドのカップル
と私の6人


着いた時には団体の方達や
他のグループがいたようでしたが、
その後全くすれ違うこともなく、
声も聞こえず・・
まるで私たちのグループだけの
ような感じ

iPhoneImage.png

敷地内には何か所か
キッチンスペースがあり、
室内だけど壁はなく開放的だったり、
私たちは離れのキッチンスペース
だったりと、とっても贅沢な感じで
調理スペースが作られています

iPhoneImage.png



ロッカーに貴重品やカバンを入れて、
エプロン&タオルを身に着けたら、
お庭へハーブやお野菜の見学へ


敷地内のあちこちに、何か所も
植えられているので、
他のグループの方々と
かち合うこともなく、のんびり
見られます。



iPhoneImage.png

ホーリーバジルにレモングラス
タイのしょうが(キン)に
スイートバジル
バイマックルに唐辛子・・・

摘んで香りを嗅いだり、味をみたり
(唐辛子以外ね)
どれもフレッシュなものは
ほんとにいい香り


タイ料理はフレッシュなハーブや
野菜の香り、味を大切にして、
それぞれ組み合わせて作られています

今回香りや味を実際に体験し、感じて
改めてタイ料理のすばらしさに
感動しました


ハーブやお野菜の見学の後は
調味料の味見と説明
そしてココナツクリーム&ミルクの
作り方の説明、実演と体験です

iPhoneImage.png

これ、うさぎの形をした
ココナツ削り器
うさぎの背中に座って・・・


iPhoneImage.png

昔はこうやってココナツの中を
くりぬいて
それを絞ってココナツクリームや
ミルクを作ります。

今はまごの手のような手に持って
簡単にカリカリできるものが
売っていたり、また、市場では
ココナツやさんが機械で
あっという間に削ってくれて
いるので、それを使ったり・・

日本では缶を使うことがほとんど
フレッシュなもの、使いたいデス



材料の説明の後は調理スタートです

離れのキッチンスペースは
とてもかっこよく


iPhoneImage.png


まず先生のデモンストレーション
を見てから、自分で作ります

一品目はまずデザートのもち米を
蒸すところから

続いてガイホーバイトゥーイ
(鶏肉のパンダンリーフ包み)
とソムタム



パンダンリーフで包むのが
なかなか難しく



そして揚げるのもちょっと
大変でしたが・・・



出来上がったお料理は
とっても美味しく
休憩しながら外のテーブルで
いただきました



その次はレッドカレーペースト

石でできたクロックという石臼で
叩いてすり混ぜて作ります

このクロック、いつも買って帰りたいと思うのですが、
石なのでとても重い・・・
タイ人に言っても、今はフープロだよ、と言うし…
仕方ないからフープロ買おっかなぁ



全て作り終えたら、場所を変えて
2階の素敵なダイニングでランチです。



自然の風が心地よく…



レッドカレーはちょっとピリ辛くらい
美味しかったデス
手作りのペーストは辛さや塩気なども調節できるからいいですね
是非やってみないと!



デザートはカオニアオマンムーアン
(マンゴー&もち米)
このもち米はココナツミルクと砂糖がたっぷりの甘いもの
タイ人も好きな人が多く、欧米からの生徒さんも、
みなさん「fantastic!!」「lovely!」とお好みのようでした

お腹いっぱい、心も満足して
帰りは各ホテルまで送ってくれます



Baipai Thai Cooking Schoolは
他の2校が庶民的な今のタイを感じていただけるとしたら、
こちらはちょっとリッチな伝統のタイを感じて
いただけるかな、と思います。

iPhoneImage.png

どちらもそれぞれ素敵なところが違っていて、
両方にタイの素晴らしさが詰まっているので、
是非両方体験していただきたいです


iPhoneImage.png

・・・・・


この楽しい経験を日本のみなさまにも是非味わっていただきたいと
今回お手伝いをさせていただくことになりました

各お料理教室のウェブサイトは全て英語なので、ちょっと苦手な方
面倒だなと思われる方もいらっしゃるかも・・と

そこで詳しい詳細とお申込み、ご連絡等を日本語でお手伝いいたします

あちらへ行ってからは英語での説明となりますが、
分かりやすい英語ですし、全く難しいことはなく、
見て、身振り手振りでも分かります。

それ以上にタイの日常、人々の生活の様子、温かさなど
タイの素敵な部分を見て、感じていただけたらいいなと思っています。


お申込み、詳細はこちらから





にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ

↑ 
もしよかったらポチッと応援よろしくお願いします




 

習い事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rakthainokfaa.jugem.jp/trackback/490
<< NEW | TOP | OLD>>