食べることが大好き。タイが大好き。
そこで行き着いたのはタイ料理&お野菜料理。
でも食べるなら身体によくって、やさしくなきゃ。
簡単に、でも身体に優しいタイ料理&お野菜料理、
一緒に楽しく作りませんか?

本場バンコクのタイ料理教室予約お手伝いします☆

☆。・nokfaaとしてフラワーアクセサリー
&雑貨製作もしています。・。☆


【 2年目 ESSEプラチナレポーター 】
 
昨年に引き続き、今年もESSEプラチナレポーターをさせていただく
ことになりました。

昨年は紙面に出させていただいたり、レシピを作らせていただいたり、
と初めての経験をたくさんさせていただき、とても勉強になりました。

また素敵なプラチナレポーターさんたちとの出会いも幸せでした


今年もいろいろ勉強しながらがんばります!!
どうぞよろしくお願いいたします。 <m(__)m>










 

ESSE comments(0) trackbacks(0)
【 ESSE 11月号 S&B パセリを使って 】
 
だいぶ前にblogに載せた【 ESSEの撮影 】



11月号発売されました☆






写真、ちっちゃいけど、ちゃんとカメラマンさんが
何枚も撮ってくださったもの☆

結婚式以来?
モデルのように撮っていただいて嬉しかった ^−^


パセリで香ばしい♪おからマフィン   是非☆



ESSE comments(2) trackbacks(0)
【 ESSEの撮影 】

昨日、初めて雑誌の撮影現場にご一緒させていただきました


S&Bさんのスパイスを使ったレシピの考案で
ESSE 11月号に掲載していただける予定デス

何を使って、何を作ったかは11月号のお楽しみ・・・^−^




びっくりしたのが、とってもたくさんの方の手によって
1ページが大切に作られているということ





昨日は私のほかに2名、プラチナレポーターの方が
いらっしゃって、それぞれ考案したものをみんなで試食しました


思ってみれば、自分が作ったレシピを他の方が作ってくださって
それをいただくという経験はなかったなあ・・・と

それも今回はプロの方が!

なんだかとっても不思議な気持ちでした 


・・・・・・・・・・


S&Bのスパイス&ハーブマスターの方々からは
調味料の保存方法や、使い方、疑問点などを
教えていただき、「なるほどー」と勉強になりました。


いくつかご紹介☆

スパイスは日光や熱に弱いものが多いので、よくガスレンジ周りに
置きがちですが、×なんだそうです。
直射日光の当たらないところに保管したほうがいいそうです

そして、「では冷蔵庫に保管は?」の質問には
冷蔵庫で保管する場合には、使ったらすぐ冷蔵庫に戻すならOK
すぐに戻さないと周りから水滴が付き始め、湿気てしまうそうです

それから温かいものに振り掛けたりする場合
その蒸気がビンの中に入ってしまうのが心配 という質問には
やっぱり湿気も駄目なので、手のひらに使う量を出して
ぱっぱっとお料理に振り掛けるのがいいとのこと

聞けば「確かに!」と思うことも、普段はまったく気が付かず
駄目駄目な方をやってしまいがち
とっても勉強になりました ^−^


そして他のお2人のレシピもすばらしく、美味しくいただきました
お二人は何月号かな〜 是非お楽しみに!


・・・・・・・・・・・

カメラマンの方に髪をちょっと直していただいて
こっちむいて、手はこうしてみて、今度はこっち向きね、など
と言っていただきながらの顔写真撮影!

前回タニタの取材の際も撮っていただきましたが、
今回はスタジオでなんだか本格的だったので
だんだん笑顔が引きつり・・・ 笑

でもプロの方に撮っていただくと全然違います・・・
「あら、これなんかいいじゃない?」なんて言っていただいて
何年ぶり、いやもっとぶり・・・ 
お仕事上でもなんでも、褒めていただいてすんごくうれしかった☆ 笑

いい気持ちにしていただいて ありがとうございました ^−^


・・・・・・・・・・・・・

撮影の準備を待っている間は、出版会社のお話や、
その他いろいろと楽しいお話でわいわいとおしゃべりさせていただきながら
あっという間に終了時間に・・・


そして最後にはこーんな嬉しいお土産までいただいちゃいました




よく使わせていただいているシナモンや、
ちょうどなくなっちゃったラー油
お教室でも使わせていただけそうな紅茶などなど・・・
そして下の方に写っているのは調味料のふたに貼ることの
できるお目め  これとっても可愛いんです☆


たくさんのお土産と楽しい時間をありがとうございました。



そして1ページ1ページ、大切に作られているESSE
大事に読まなくちゃ!と思いました。



ESSE11月号(10/7発売)、よかったら見てみてくださいね








ESSE comments(0) trackbacks(0)
【 タニタ食堂 】
 
5月のblogでタニタ食堂のレシピで作った夕食を載せました



実はESSE7月号にタニタ食堂の特集があって、
その取材に行かせていただいていたのです

こちらに初☆登場させていただいてマス ↓




ニュースやテレビで「タニタ食堂が丸の内にOPEN!」と知って
興味はありましたが、なかなか行く機会がなかったので
ワクワクしながら伺いました

初めての経験でしたがとっても楽しく、そしておいしくて
勉強になりました☆

さすがタニタさん
カウンセリングと体重、体脂肪等の計測も出来て、
その体重計のすごいこと!
お値段もすごかったですが、その性能のすごさにびっくり!

身体の右左の筋肉量や、バランスなどなど 分かっちゃいます。

***

定食は2種類から選べマス

テーブルにはスケールとタイマーが・・・
ご飯の量を量ったり、20分以上かけて食べるように

またお茶碗には2本の線が書いてあり、
100g(150kcal)と150g(240kcal)の
目安になっています

ちょうど義父が毎回ご飯をはかり、決まった量を
食べているので、これはいい!とひとつお買い上げ☆
いいお土産ができました ^−^




定食をいただいてみてびっくりしたのは、そのお野菜の量!
外食ってお野菜少ないのであんまり好きでないのですが
こちらなら大満足!

味付けは濃くなく、ちょうどいいお味で
お肉もヘルシーに、そしてお野菜でお腹もいっぱい
これでだいたい500kcalとはまたまたびっくりデス

タニタ食堂で毎日お昼ごはんを召し上がれる人は
健康になれるなぁ・・・と思いながらいただきました


そして宿題のように、それぞれに合ったレシピをいただき、
おうちで挑戦☆ 



家族にも好評で、食べた後もなんだかすっきり ^0^
身体にいい!って感じがしました


タニタ食堂さんの本でちょっと勉強しようかなあ・・・


***

ご一緒させていただいた方たちも素敵な方ばかりで
初めてお会いしたのに楽しくおしゃべりさせていただいて
あっという間の時間でした

初の写真撮影で若干顔が引きつっていますが
楽しい体験でした


タニタ食堂のみなさま、ESSEの担当の方、記者の方、カメラマンの方、
そしてご一緒してくださったお二人、どうもありがとうございました☆
















ESSE comments(0) trackbacks(0)
【 ESSE プラチナレポーター がんばります☆ 】

いつも読んでいただいている方、ありがとうございます☆


この度2012年ESSEプラチナレポーターとして
活動させていただくことになりました。


ESSE web にもblogを載せていただけます・・・
それから先日のアメリカンポークのイベントや、
モニターやアンケートなどなど いろいろと初体験がありそうです

そしてすでに素敵なプラチナレポーターの方々との出会いもあり☆
みなさんホントにすばらしい人ばかり、勉強になることばかり

これから1年間とても楽しみです。


☆☆



というわけで、改めましてご挨拶を☆


自宅小さなキッチンでタイ料理と野菜料理の教室を主宰しています
タイノオダイドコロ です。




タイが大好きで6年ほど現地スタッフとして、また営業として
ホテルで働きながら暮らしていました。


今でもタイに帰りたいほど、タイが好きなので、何か
タイに携わったことをしたい


それから食べることが大好きで、作るのも好き


タイの途中で英語&hospitalityを勉強したくて
オーストラリアへ1年半行った時に日本には
まだ少なかったカフェを知り、それからカフェ好きに


それを全部集めて、おうちでカフェのようにくつろげる
タイ料理教室を始めました


化学調味料などを使わず、お野菜たっぷり
簡単で、手軽にタイ料理を取り入れて
いただけるといいなとお伝えしています


☆☆


またお野菜料理は母乳で2年半育てている間、
母乳のトラブルが多かったので、身体にいい食事、
いい母乳がでるような食事を・・・と勉強

その後アーユルヴェーダの療法を取り入れている助産院での
お食事作りをさせていただく機会をいただいたり・・・

そんな経験から簡単で身体に優しいお料理もお伝えしたいなと
月に1度、野菜料理や家庭料理の教室も開催しています。





それから手作りも好きでアーティフィシャルフラワーで
コサージュやヘアアクセサリー、雑貨なども作っています。
手作り仲間とイベントを開いたり、イベントに出品させて
いただいたり・・・と楽しんでいます







そして6歳の娘と旦那さんと3人家族
ママとなってまだ6年目

日々子どもと共に成長していかれたらいいなと思っています。



これから1年間 どうぞよろしくおねがいいたします









  にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ ←ランキングに参加しています。
よかったらポチッと応援お願いします☆













ESSE comments(4) trackbacks(0)
【 行正り香さんのアメリカンポーククッキングセミナー 】
本格的スタートはもうちょっと後なのですが・・・

この度ESSEプラチナレポーターとして選んでいただき
これから一年間活動させていただくことになりました☆

また改めてご挨拶させていただきマス



まずは楽しかったお知らせを。


その第一弾として

「行正り香さんのアメリカンポーク料理試食パーティー」へご招待いただき、
行ってきました




場所は青山一丁目にある「AMY'S」
大きな窓でとっても明るくて開放感のある室内

みなさんすごい方ばかりで、はじめましての私は
ドキドキ 

でもCOCOROne. cafeのemiちゃんがいてくれて
心強かったです


そして行正り香さん登場☆



とってもとってもお綺麗で見とれちゃいました☆

ほんわかされている感じかなーと思っていたのですが
いろんなお話をしてくださったら、さっぱりとした「男前!」
とっても格好いい方
素敵デス〜☆


☆☆☆


さてメインのアメリカンポーク

お肉があんまり得意でない私ですが、このお肉はおいしくいただけたんです

行正さんのお話によると、日本産のお肉より、さっぱりしていて
脂より肉自体に味わいがあって、もたれないとのこと
これはびっくりなお話しでした


それに何でも「国産がいい」という感じがありましたが、
お話を伺い、そして試食させていただいたら・・・

このアメリカンポーク、ほんとにすばらしい☆
早くアメリカンポーク買って作りたい!って思うほど


そこでアメリカンポークの特徴をちょっとお勉強


☆point 1

広大な大自然で、大豆やとうもろこし等の
栄養豊富な穀物で育てられているため、やわらかくてとってもジューシー

☆point 2

2週間のチルド輸送中に低温熟成されるから旨味がまし、
さらにおいしさアップ。食卓にのぼる頃が一番食べ頃。

☆point 3

Farm to Table(農場から食卓まで)という理念のもと、
アメリカン・ポークの安全性を厳しくチェック。
また、検査に合格したものだけを日本に出荷。

☆point 4

低脂肪・低カロリー、良質なたんぱく質、ビタミンB群、ミネラルなどが
豊富だからとってもヘルシー。健康と美容にぴったりのお肉です。




というわけで・・・


そして行正さん、お肌もすごく綺麗
秘訣は?との質問に、「肉が好き!」とのお答え
そして炭水化物よりたんぱく質を多く取るようになったら
疲れにくくなったとのお話をしてくださいました


疲れやすい私に足りないのはまさにこれ!?
これからは 「肉」 食べましょう







行正さんがいろんなエピソードを混ぜながら手際よく
お料理を説明してくれます


この日は

☆ 120℃アメリカンポーク ロースの温泉焼き サンドイッチ
☆ アメリカンポーク 方ロースのマーマレード煮





☆ バックリブとたけのこのエスニック煮




どのお料理も手順も簡単で、調味料も家にあるものばかり
すぐに作ってみたくなりました

そしてどうやったら大変でなく、でもおいしくお料理できるのか
行正さんのお話も素敵でした





お肉がとっても柔らかくて、ほろほろ食べられます

サンドイッチは120℃でじっくり焼いたロースがさっぱりしてやわらかく
アボガドやチーズとよくあって満足感たっぷり

マーマレード煮は思ったより甘くなく、上品なお味

そしてエスニック煮はバックリブなのに脂っぽくなくさっぱり




行正さんは「余計なカロリーは加えない」と油で炒めたり、バターを入れたり
ということもしないレシピだったので、普段油をあまり使わない私には
とっても嬉しいお料理でした。

そしてそして、行正さんのおっしゃったとおり☆
まったく胃もたれもせず、夕飯は普通にいただけました
これはびっくり!

アメリカンポークそして行正り香さんのファンになっちゃいました


USMEF(米国食肉輸入連合会)さんから帰りにはお土産も頂き
お腹も心も大満足でセミナー終了


とっても楽しい経験となりました。



アメリカン・ポークについて詳しくはこちら
レシピやいろんなイベントやキャンペーンもあって楽しいですよ



そして新しくお知り合いになれたESSEプラチナレポーターの
皆さんもすばらしく素敵な方ばかり。
もっといろいろ勉強してがんばらねば!

これから1年間よろしくおねがいいたします。




















 
ESSE comments(7) trackbacks(0)
| 1/1 |